KITCHEN

【iie design の台所】リンゴをケース買いしたら、レシピいらずで簡単!!秋の味覚スイーツをつくろう

私は凝った料理はつくれません。

大好きな言葉は「簡単」「楽ちんでおいしい」「時短」

と、とにかくすぐおいし~い♪、すごくおいし~い♪が大好きなんです。

買って食べるのはすぐおいし~い、けれど、おうちで簡単に作れるなら、

節約にもなるし、家族みんなが喜んでくれる。

そんな「iie designの台所」です

 

週末、スーパーで箱のリンゴが安かったので、

秋の味覚でレシピいらずのケーキを作りました。

 

 

にほんブログ村に参加してます
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村

 

林檎とサツマイモの焼きっぱなしケーキ

材料

・林檎 3個(今回使用したリンゴは秋映という品種)

・サツマイモ 1本(今回皮むきした状態で220g いつもサイズで重さが変わります)

・ラムレーズンやくるみはお好みで

 

生地はパウンドケーキの要領で

パウンドケーキとは300年ほど前のイギリスのレシピに登場したケーキで
バター・砂糖・卵・小麦粉を1ポンド(パウンド)ずつ使用してつくるケーキ

・バター 100g(常温で柔らかく)

・砂糖 100g(今回は甜菜糖をつかいました)

・卵 100g(2個)

・小麦粉 100g
+ベーキングパウダー小さじ1+シナモン少々(お好みで)

↑丁寧に作る方は粉類をふるいにかける

 

 

上記のレシピをみると、簡単♪

すぐ覚えられる。

生地はあくまでもリンゴやお芋のつなぎの役目なので100gでOK

林檎やサツマイモの重さはいつも気にしてません。

 

つくり方

①リンゴはいちょう切りに サツマイモは1㎝角程度の角切り

②切ったサツマイモとリンゴは軽くレンジでチン(600Wで2~3分)

③オーブンを180度に温める

④パウンドケーキの生地を上から順に足してにミキサーで混ぜていく

バター+砂糖

たまごもミキサーで混ぜてちょっとずつ投入、混ぜるを繰り返す

粉類(小麦粉100g+ベーキングパウダー+シナモンパウダー少々)もこの流れでミキサーで(ふるいにかけるのが面倒なので^^;)

4種混ぜてパウンドケーキの生地完成

レンチンしたりんご、さつまいも、そしてラムレーズンを生地にまぜます。

クッキングシートを敷いた型にながします。

これ結構おおきいです外枠直径31㎝ 内枠直径28㎝あります。

これだけのケーキを焼こうと思うと、

パウンドケーキ生地3倍から4倍量いるんですけど、

りんごとサツマイモをたくさんつかうので、生地は100gずつでOKなんです。

 

160度~180度で35分~40分焼く

(我が家のオーブンはレンジオーブンよりは火力強めなので160度で40分焼いてます)

 

使用した器や型

 

ケーキをのせたガラスのお皿は

iittala (イッタラ) カステヘルミ ケーキスタンド 315㎜です

焼き型は

IKEA(イケア) ドロッマル 31cmのタルト型です

完成ケーキサイズは直径28㎝

 

林檎を入れている木製ボウルは

SKAGERAK(スケアラック) Frameボウル 26㎝

 

 

FIKA ーおやつの時間ー

このケーキはバニラアイスクリームや生クリームとも相性抜群です

庭のミントをかざりに添えていただきます♡